ブログトップ

botan123 の Bird Room

botan123.exblog.jp

小鳥と過ごして数十年。。。今は趣味で仕事の傍ら、約300羽の小鳥達に癒されています。

コキン鳥の雛が雛を育てる。

11月生まれのコキン鳥の雛ですが、大部屋に入れていましたら、2月に入っての事です。
卵が、餌箱の中に1個ありました。
まさか?まだ毛を変えていない3か月?4か月の雛が生むはずがないと思っていました。
「親鳥を一緒に入れたかな?いや雛しか入れていない。」不思議な思いでしたが、
翌日もまた1個餌箱にあり、やっぱり雛が産卵したのだと思いました。
じっと観察していましたら、ブルーの雛が卵を温めていました。
あら~どうしよう・・・でもまた産卵するだろうし・・・
以前、「雛毛でも産卵するコキンがいる」と聞いた事はありますが、
コキンの飼育を始めてから今まで、そんな雛に出会ったことがありません。
早くからの繁殖は、小鳥の体に負担がかかると思っておりましたし、
毛換えをして、成長し体が出来上がって、繁殖させていました。
悩みましたが、何もしないでも産卵するのなら、ペアーにして見ようと思い、♂と一緒に、新居を与えました。
しかし、それからカナリヤの繁殖シーズンに入りましたので、すっかり忘れていました。
今日、どこからか、雛の声が聞こえてきました。
あれ、何かいる?
e0255102_15311113.jpg

雛ちゃんだ!
e0255102_15391967.jpg

お母さんになって、ごはんあげていますよ。
e0255102_15403755.jpg

3羽いますね。1羽赤目?
e0255102_15422194.jpg

雛ちゃんと思っていたのに、立派なお母さんになりましたね。
胸に少し親毛が生えてきましたよ。頑張れ新米ママの自育コキン。
e0255102_15445187.jpg


[PR]
by botan123 | 2015-03-07 15:56 | コキンチョウのPhotoRoom | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://botan123.exblog.jp/tb/22859914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]